FC2ブログ

グワーッハブ毒!グワーッ!!


一日目の夜からすでに天気は大荒れだったんだけど、二日目は強風に見舞われ午前中はロクなモノが見れませんでした。


まぁ一日目が飛ばしすぎてたから…と思いつつ散策。



DSC_0784.jpg

秘境・西表。


DSC_0803.jpg


ピナイサーラの滝。


DSC_0814.jpg


全く動物がいなかった…


DSC_0820.jpg


干潟。本当ならここは凄いらしい。


DSC_0832.jpg


アレ。



午前中はどこに行っても鳴き声一つせず、蝶々もいなければ鳥もいなかった。


天候は大事でした。


しかしやはり西表の本番は夜なのだった。



続きを読む

サプライズド・イリオモテ



西表一日目、予報とは裏腹に天候に恵まれ午前中は快晴でした。


DSC_0547.jpg

オカヤドさん。


DSC_0559.jpg


オオゴマダラ。一番上手く撮れてる気がする一枚。


DSC_0607.jpg


やはりデジタル一眼は威力が違いますね。


DSC_0630.jpg

邪魔な。


DSC_0632.jpg

子ヤギ。

DSC_0649.jpg

ホテルの部屋から窓見てたらヤブから突然こいつ、シロハラクイナが。


初めて出た時は、すわ何者か!と友人と二人で窓越しに撮影会でしたが、後日もいたるところで見かけその度に株は下がる一方でした。


天気が良かった午前ですが、夜になると強風と大雨で偉いことに。


西表は夜が凄い!と友人も言っていましたが、余りに雨風が強かったので、まぁ何もいねーだろーなーと二人で言いながらとりあえず出かけました。


しかしそんな感じで油断していた二人を待っていたのは…



続きを読む

見せてもらおうか、新しいカメラの性能とやらを!




西表島に行ってきました。



DSC_0460.jpg


海と山。そして動物があります。




続きを読む

このカメラ凄いよぉ!流石ニコンのお兄さん!!



DSCF2409.jpg


カメラを買いました。ヤッター!!


ニコンのD5100です。


先月だったかD5200が出たばかりなので若干型落ちだけど、最初なので十分なモノですね。


そして早速レンズを傷物にしてしまいました。アイエエエエ…


外でちょっとゴミがついてたので「大丈夫だろ」と思い液晶クリーナーでとろうとしたら、「あれ、更に汚れついた?」と思い繰り返したら…


…まぁ、写真に写りこんでくるような傷ではないのが不幸中の幸いでした。



というわけで何か写真でもと思ったけどあんま撮るものなかったので、次の遠征時に撮りまくろうと思います。

DSC_0025.jpg



DSC_0011_01.jpg

最大ズームでもこの綺麗さ!


DSC_0041.jpg


これは実際凄い。


本格的に使うのが楽しみです。


後はミラーレスのも欲しいなぁ…




人間賛歌は勇気の賛歌ッ!



そして最後はこちら、三徳山は三仏寺の国宝・投入堂へと行って参りました。


随分昔からずっと行きたいと思っていたので念願叶っての参拝です。


DSCF2201.jpg

こちらは山の下(登れない人用の展望台)から見た図。



詳しくはこちら→投入堂ウィキ


何にしても登山道が危険な事に定評があり、滑落者や行方不明者も出ているので一人では入山が出来ない場所なのです。


しかし私は独り旅なので、一緒に入ってくれる相手など当然いません。


なのでその辺にいた観光客らしきおじいさんに「トゥギャザーしようぜ!」と声をかけて一緒に登らせてもらいました。


DSCF2181.jpg

登山道その1。木の根っこを伝って登ります。

DSCF2180.jpg

「連れが登ってこない」と言って先に進めないでいる人なんかもいました。

DSCF2172.jpg

最初は割とこういう道が続きます。上に行くと岩場が増える感じ。


DSCF2171.jpg

クサリ登山道(道?)


DSCF2173.jpg

道中で見つけたミヤマクワガタ。


DSCF2169.jpg

どうやって運んだのか本当に謎な鐘。


DSCF2167.jpg

実際に昇る標高は200メートルほどとの話。


DSCF2150.jpg

行けるのはここまで。

この立ってる岩より先はただのガケです。本当にどうやって建てたのか、昔の人は山とかに寺作って凄い、といつも言ってますがこればっかりは本当に謎ですね。

げに恐ろしきは信仰の力、という事でしょうか。


しかし本当に素晴らしい場所なので、興味がある方には是非おススメです。


登山道が大変と言ってもそもそも訪れるのは割りと年のいった方ばかりだったので、おそらくその年齢から見たら大変という程度で、体力の有り余る若人には意外と拍子抜けかもしれません。


それでも滑落すればそれこそ一大事なので、興味がある方は存分な用意と恐怖を克服する「勇気」と「覚悟」をもって堪能して頂きたいスポットでした。


とりあえず今回はここを最後に帰りにしました。何分台風がきておりましたので。


もうちょっとゆっくりして色々周りたかったんですけどね。なんとも急ぎ旅になってしまいました。


まぁ近場で行きたかったところは一通り周ったのでしばらくはどこにも行かないだろうけど、いずれはまたどこかに行きたいですね。





リンク